活用したい福岡市のスタートアップ資金

福岡市 融資制度

福岡市では、商工金融資金制度という制度を設けており、福岡市内の中小企業者などを対象に長期・低利・固定の事業資金を利用できる融資制度があります。

 

特に、福岡市で創業を検討されている方、創業してから2年以内の方でしたら、この福岡市の融資制度のうち、スタートアップ資金の獲得を検討されてみていはいかがでしょうか。

(画像提供:福岡市)

 

創業者ならスタートアップ資金がおすすめ

福岡市の商工金融資金制度ですが、創業支援資金としてスタートアップ資金という融資枠があります。

 

こちらの融資制度対象者は、「事業を営んでいない方で福岡市内で新たに事業を開始される方、または事業を開始後2年以内の方で,それまで事業を営んでいなかった方」という縛りがあります。

 

資金使途としては、設備・運転資金であり、融資限度額は、2,500万円となってますので、機械設備などの多額の設備投資が必要となる方にはお勧めと言えるでしょう。

 

ただし、創業前の段階では、融資限度額は1,000万円となりますのでご注意ください。

詳しくは、福岡市中小企業支援サポートセンターにお問合せください。

 

参照元:福岡市ウェブサイト(中小企業サポートセンター)

 

スタートアップ資金なら保証料率0%

上記のスタートアップ資金ですが、2017年度も、福岡市と福岡信用保証協会が半分ずつ助成することになっており、融資制度の利用者が負担する保証料は0%となっています。

 

スタートアップ資金では、保証人は原則不要(法人の場合は代表者)、担保不要となっています。しかも、保証料も0%であるため、福岡市の創業者にとってとても利用しやすい条件となっています。

 

申込書類には創業計画書も

このスタートアップ資金の申し込みには、借入申込書、税務証明書、その他書類(設備資金の見積書、履歴事項証明書など)の他、創業計画書(正式には「創業・再挑戦計画書」指定様式)も必要となります。

 

創業計画書は、上記のスタートアップ資金を借りようが借りまいが、いずれせよ必要なものです。適切な創業計画書をもとに事業を推進していくためにも、十分に時間をとって作成することが必要です。

 

スタートアップ資金のご相談は

以上が、福岡市の商工金融資金制度の中にあるスタートアップ資金の概要でした。

 

これから福岡市で創業しようと検討されている方、創業2年程度で間もない方でスタートアップ資金を検討したいと思った方。福岡創業融資支援センターでは、初回無料の創業融資相談も実施しております。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

お問合せ 税理士事務所

 

 

追記

福岡市商工金融資金制度については、平成30年4月1日付で改正されています。詳細は下記ページをご覧ください。

<福岡市中小企業サポートセンター>

http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/20539/1/seidokaisei_gaiyou.pdf